自動車の任意保険について

自動車を持っている人なら誰でも、自動車保険に加入していると思います。
では、自動車保険がどういうものかあなたはちゃんと理解していますか?
強制で加入したから、良くわからない・・・なんていう人もいるのではないでしょうか?

まず、自動車保険とは、自動車やバイクで事故にあってしまったときに保障をしてくれる保険です。この保険には、強制的に加入させられる「自賠責保険」と自分で加入するか決められる車 任意保険 見積もりがあります。

自賠責保険は基本的に被害者をかばってくれる保険です。
なので必要最低限のことしか保障はしてくれませんし、加害者の怪我などには一切保障しないのです。
あなたは、それだけでは不安になると思います。

そこで入るのが任意保険です。
任意保険は自賠責保険で保障しきれないところをカバーしてくれる保険なのです。
ですから、加害者も保障してくれますし、壊れてしまった物、怪我などに対する保障もできるのです。

こうやって見ると、任意保険 加入の必要性はわかりますね。
安心できるくらいの保障をしてくれる割に保険料は安いのでぜひ加入した方が良いと思います。保険見直し相談で節約

地震保険

アパートの契約更新日が近づいてきたころに管理会社から連絡が入りました。
「この度、契約更新の際に新しい火災保険に加入していただくのですが今までは地震保険がセットでついてきていましたが、今回は任意とさせていただきます。」とのこと。
地震保険についてあまりピンとこなかったことと、危機意識が甘い私は少し迷いましたが、地震保険に加入するかどうか決めきれないまま更新日になってしまったので、今回は加入しなくていいか、と火災保険の書類にだけサインしました。

そして3月11日。東日本を襲った大きな地震。
震源から離れていたため、大きな被害にはなりませんでしたが震度6ということで、家の中はめちゃくちゃに。
テレビでは被災地の映像がどんどん流れてきます。

お金の問題ではない、ということはもちろんわかっていますが地震とそれに付随する災害の恐ろしさを改めて実感。
少しでも備えがあった方がいいという考え方に変わりました。

そしてすぐに管理会社に電話。
改めて地震保険に加入することにしました。
地震保険は火災保険と一緒に加入しなくてはなりませんが、契約期が同時でなくても後から追加することができます。
そのことを知ってホッとしました。

少しの備えですが、万が一の時の為に準備できることはしておきたいですよね。
生命保険 自動車保険コラム

住宅火災保険

あなた火災保険がどんな時に役立つのか知っていますか?
「火災保険なんだから、火災でしょう?」という人もいるかもしれません。
ですが、火災保険は火災だけではなく、様々な自然災害の保障である事を知ってもらいたいと思います。

火災保険は、火災にはもちろん保障してくれます。
また、雷(落雷など)や爆発、風邪や雪にも保障してくれるのです。
もちろん、保険会社と相談をして保険料に見合った保障ですが、たいていの保険会社は火災と同じように対応してくれるのでとても心強い保険であると言えると思います。

ここで勘違いをしてはいけないのが地震や噴火、津波が原因で火事が起こったときは
火災保険では保障してくれないので気をつけてください。

また、これより更に保障を手厚くしたい場合は、保険会社と相談をして色々なオプションをつけたりして保障する内容を充実させれば良いでしょう。
やみくもにいろいろなオプションをつけるより本当に必要なオプションを付けておけば保険料も最小限に抑えられて尚且つ安心できる保険になると思います。
保険関連保険相談や自動車免許など

火災保険の対象物

火災保険の対象をきちんとあなたは知っていますか?
火災保険の対象物は2つに別れているのです。
それを知っておかないと万が一火事になってしまった時に十分な補償が受けられない時があります。
ここで、きちんと確かめてみてください。

まず、火災保険では「不動産」と「動産」に別れています。
では、この二つについてまずは説明します。

・不動産・・・建物本体、建物に元から付いている構造物、建物に付いている設備などの事。
(塀、門、車庫、空調設備、電気設備、ガス設備など・・・)
・動産・・・家財の事。
(家具、家財、現金、通帳、自動車など・・・)

火災保険に入ったからと言って全て安心!とはなりません。
きちんと契約をしないと不動産は保障しているけれど動産は保障されてなかったりという事がおこってしまいます。

これは、よくある事で、自分では両方保障されていると思っていたりそもそも保険が2つに別れている事も知らなかったりする人が多いのです。
もう一度自分の保障内容を確認してみてください。
自分で思っているだけで保障がされてなかった・・・なんてことがあるかもしれませんよ。
保険相談

隣の火が燃え移った時

あなたに非が無くても火事になってしまう可能性は十分にあります。
例えば隣の家で火事が起こってしまってその火が燃え移ってしまったり・・・
そんなことがおきてしまったら火災保険に加入していないと自分で修理したり建て替えなければならなくなります。
ここでは、保険の大切さをもう一度確認しましょう。
まず、もし、隣の家の火が燃え移った場合は相手に悪気が無い限り慰謝料を請求する事はできません。また、相手が火災保険に加入していても、その保険会社が保険金を出してくれるのは隣のお家の分の保険金だけです。
保険金にも限度がありますのでそれ以上のお金はもらえないのです。
そんな時、あなたが火災保険に加入していなかったらどうなってしまうでしょうか?
答えは簡単です。全て自分で払って直さなければいけません。
ですが、いきなり思ってもいない火事に対応できる程の貯金を持っていない家庭も少なくはないのではないでしょうか?
この時、もし保険に加入していれば火災保険の保険会社から保険金がでるので
そのお金でお家を直す事ができるのです。
如何でしょうか?
火災保険に加入した方が良いのか加入しなくても良いのかは家庭の経済状況にもよると思いますが不安な時は保険加入しておいた方が良いのではないでしょうか?
保険関連なら保険相談で保険料を節約