外資系の生命保険と国内の生命保険

外資系の生命保険と国内の生命保険ってどっちがいいんでしょうか。

国内の保険は年齢が上がるたびに更新があって、保険料も上がるから高くつく。 国内の会社の方が信頼できる。 外資系の保険は料金が一定だから安上がり。 外資系の保険はオーダーメイドだから無駄がない。

などなど…噂的なものはたくさん耳に入ってくるのですが 「どこの会社がいい」という口コミを見てみても 意見は百人いれば百通りと言った感じです。

実際何が本当で、何が自分に合っているのか 基礎知識のない人間にとっては正直さっぱりわかりません。 そんな感じで結構やみくもにインターネットで検索した結果 素人でもわかりやすく解説しているページがありました。

国内の生命保険は商品がパッケージ化されているため中身がボンヤリわかりづらく 外資の生命保険は単品の商品をオーダーメイドで組み合わせていくため理解しやすい

つまり最終的な内容は同じような中身になるのですが 国内のものは大枠でつかんでしまうため、細部がわかりづらいけれど 外資のものはシンプルな単品をくっつけていくため、最終的な形が見えやすい ということだそうです。

それでも最近は国内の保険の商品も単品で販売できるように変わってきたそうです。 そのページに書いてあることを読んでみて最終的にはやはりファイナンシャルプランナーさんの存在が大きいということでした。

パッケージ化している国内の商品でもファイナンシャルプランナーさんが不必要な部分は省いたり、 特約をむやみに提案したせず、その人にあったものを提案することも可能ですし 外資の生命保険営業マンの中にでも必要のないプランをさも重要なことかのように話をして オーダーメイドとして提案する人もいるということです。

生命保険は会社や商品よりも、もしかしたらよいファイナンシャルプランナーさんに出会えることが 大切なのかもしれませんね。

公正中立な立場のファイナンシャルプランナーに保険相談するなら保険マンモスがお勧めです。
保険マンモスで保険相談

医療保険と癌保険

皆さんは、医療保険と癌保険、どちらか一つにしか加入できない場合、どちらに加入した方が良いと思いますか?
周りに聞いてみたところ、圧倒的に医療保険に加入した方がいいんじゃないかという答えだったのです。
理由は、みんな口をそろえたように「病気や怪我になる確立の方が高い気がする・・・」と喋ってくれました。
けれど、どちらか一方の保険にしか加入できないとしたら医療保険に加入する、というのは実は間違いなんです。

では、何故間違いなのかを説明します。
癌というのはかかってしまうととてもお金がかかってしまうのです。
高いものだと、一回の治療で何百万もするようなものまであるのです。そして、癌になる可能性も決して低くないのです。

お酒を飲まないから、タバコをすわないから・・・なんて関係ないのです。
確かにお酒、タバコをしている人に比べれば肝臓癌にはなりにくいのかもしれません。肺がんにはなりにくいのかもしれません。
けどそれは、ほんの少しの違いなんです。

ですから、どちがかを選ぶとするならば癌保険を、選んだ方が無難なのではないでしょうか。
保険の知識を詳しく知りたいならプロに保険相談するのがベストではないでしょうか。

定期保険について

生命保険にも、色々と種類があります。
定期保険、終身保険、養老保険など・・・
よく耳にはしますが、どんなものかきちんと理解できていない人も多いのではないでしょうか?
ここでは、その中で代表的な、「定期保険」について、詳しく説明したいと思います。
~定期保険~
これは、≪一定期間以内≫に死亡してしまった場合に保険金が貰えます。
そして、この保険は死亡した時のみ適応なので≪怪我や病気≫の時には保険金は貰えません。また、保険期間を満了しても、満期保険金を貰えないのです。

期間は≪1~15年の短期間の物から70~80年という長期間まで≫様々なものがあります。
短期間の物の保険料は比較的安いです。
ですがもし、途中で解約すると解約返戻金(解約したときに戻ってくるお金)は少なくなります。
(長期になった場合は、それなりに多くの金額が返ってきます)
保険料は、更新したときの年齢によって様々です。
(年齢が上がるのつれて死亡率も高くなるので保険料も高くなります)

~定期保険の種類~

定期保険の種類には一般的に3つの種類があります。

・平準定期保険(普通定期保険)
→これは、契約した時の保険金額のまま契約満了時まで変わらないものです。

・逓増定期保険
→これは、契約した時の保険金額が歳をとるごとに一定金額まで増えていくものです。
保険料は、加入した初めは平準定期保険よりも高くなってしまうけれど、保険期間の終了が近くなると安くなってきます。
また、責任準備金の積み立てができるので貯蓄性もあります。

・逓減定期保険
→これは、契約したときの保険金額が歳を重ねるごとに一定金額まで減っていくものです。
これは、個人の色々な都合(お子様の養育費用、住宅ローンなどの借金)で保険金額を減らせるので合理的だといわれることもあります。
保険料は一定なので加入した初めの頃は、平準定期保険よりも保険料が安くなります。

如何でしょうか?
保険にはこれだけではなく更に色々な形があるので生命保険加入する時は生命保険相談無料サービスがおすすめです。
保険保険の相談ってどうかな

生命保険について

「生命保険=お金」
お金を振り込んでおけば、困ったときに返ってくる。
結婚したり、子どもができたら保険加入した方がいい。
掛け捨ては損。積み立ては負担が大きい。
そもそも人の生死を商売にしている保険ってあんまり好きになれないけど必要だから仕方ない。
私はそのようなイメージを持っていました。
そんな中、出会った一人のライフプランナーさん。
はじめは軽い気持ちで話を聞いていたのですが
『将来の夢』
『自分の大切にしているもの』
『こどものために残したいもの』
など、想像していた保険の話とは違う質問を次々にされたので驚きました。
彼女は『私たち家族が生活していくために必要なもの』を一緒になって考えているようでした。

「生命保険は『愛情』と『責任』だと思っています。」

彼女の印象的な一言です。
人は誰かに支えられて生きていて、決して一人では生きられない。
自分が今まで歩んできた道も、誰かに支えられて成り立ってきたもの。
そのことに気付いた時、愛する人の為に何か残したいと思う。
その思いを実現させる一つの選択肢、それが生命保険。

私の中にあった保険の印象ががらりと変わりました。
生命保険は商品と、プランナーさんの両方があって成り立つもの。
これからは今後のライフプランを考えていく上で、信頼・安心できるパートナーがいる。
生命保険は私にそのような心強さを与えてくれるものになりました。
保険加入前に保険相談

生命保険に加入する理由

生命保険加入したいのだけれど色々なタイプがあるし難しくて良くわからないといった人も多いのではないでしょうか。
色々なタイプがあって難しくて・・・という人はまず、自分が何に対して備えを必要としてくるかを考えます。どのような目的があって保険に入ろうとしているのでしょうか?
できるだけ簡潔に言葉にしてしまえばだいぶ分かりやすく、そしてこれからのあなたの人生にとても役立ってくれると思います。
さて、それではどのような目的から、生命保険に入ろうと思うのでしょうか?
細かくせずに突き詰めてしまえば大きく2つに分かれると思います。
・自分が死亡してしまった時、残った家族の生活の保障の為
→これはもし、家庭の生活を支えている人にもしもの事があった時収入がなくなり、生活出来なくならないように加入しておく保険です。(自分のお葬式代もここから出す人が多いようです。)
・自分が病気、怪我をしてしまったときの保障の為
→これは、もしも大きな病気や怪我で入院しなければいけなくなった時の入院や手術の時の金銭面でのサポート、その期間中の収入が減って生活が出来なくならないように加入しておく保険です。

それから、生命保険はあくまでもしもの時の生活を保障するものです。
保険に加入しておけば貯金が全然ないから、とすぐに慌てる必要はなくなります。
なので、保険料の掛け捨てはもったいない、ではなくもしものときに困らないようにする、という気持ちで加入したほうがいいかもしれませんね。
生命保険加入をお考えならまずは生命保険に加入の7割が不満を感じているを読んでみては如何でしょうか。

終身保険について

生命保険にも、色々と種類があります。
定期保険、終身保険、養老保険など・・・
よく耳にはしますが、どんなものかきちんと理解できていない人も多いのではないでしょうか?
ここでは、その中の終身保険についてです。

~終身保険~
これは、保険期間が決まっていなくて一生涯、死亡するまで保障される保険です。
死亡した場合は絶対に保険金がもらえます。
なので、定期保険と比べると、保険料が高いものが多いのです。
途中で解約すると、お金の一部は戻ってきますが、払い続けてきた金額よりはとても少ないし、契約してからの年月が短ければ短いほど戻ってくるお金は少ないです。

終身保険には、いくつかのタイプがあります。
・有期払い込み
→これは、保険料を期限付きで払い込むものです。
例えば60歳までと契約したら、60歳まで保険料を払います。
メリットは、払い終わってしまえば高齢になってから保険料を払わなくてもよくなる事です。
その代わりにデメリットは、月々払わなければいけないお金は、それなりに高くなります。
・終身払い込み
→これは、一生涯保険料を払い続けるタイプのものです。
メリットは月々に払う保険料は安く済むこと、また、60歳以上になれば
更に一月に払う保険料が安くなります。
デメリットは、高齢になり年金での生活になっても毎月払い続けなければいけないことです。

一般的には、高齢になっても払い続けるのは金銭的に大変との理由で有期払い込みにする方が良いと思われています。
けれど、若いうちから保険に加入しておけば月々の保険料が安くなりそんなに負担にならずに済む事もあるので、一概に有期払い込みが良いとも言えません。

どちらにもメリット、デメリットがあるので、早いうちからよく考えてから決断してほしいところですね。
保険相談のトリビア