「4G」から「5G」の時代へ

モバイル通信の規格が3Gから4Gに進化してスマホやタブレットでの動画の視聴も随分スムーズになりました。
そして今度は次世代の通信規格として5Gが注目されています。
4Gから5Gになる事でなんと、100倍の速度アップが期待できるらしい。

速度も容量も多くなることでこれから訪れるIOT時代に対応する事ができるようになる。
IOTとは身の回りのあらゆるもいのがインターネットに接続され、情報をやり取りできるようになることを言います。
その結果、リアルタイムに情報を表示したり、遠隔操作や自動制御が可能になります。

IOT化が進み、身の回りのあらゆるものがインターネットに接続されるとこれまでの4Gの100Mbps程度の速度や要領ではとても対応しきれなくなるというわけです。
IOTがすすむことで農業や工場などこれまで人間がやっていた仕事が機械にとってかわり、仕事が奪われることもあるでしょう。
しかし、これからの日本は少子化です。働き手の減少は避けられず、国際的な競争力を失わない為にも必要なことです。

コメントは受け付けていません。